沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

保険会社から「これ以上治療費を払えない」と言われたら?

Q【保険会社から「これ以上治療費を払えない」と言われたら?】

 半年ほど前に交通事故に遭い,頚椎捻挫と診断され,それから病院に通って治療を続けています。でも,まだ首や肩の痛みがとれません。ところが,先日,加害者の保険会社から,これ以上治療費を出すことはできません,後遺症を判断するための診断書を提出してもらえませんかと言われました。私は,まだ痛みがあるので,治療を続けたいのですが,どうしたら良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

治療しても症状が改善しない状態である場合、これを「症状固定」といいます。この状態になると、原則として、相手方に治療費を請求することはできなくなります。

 そこで、医師に、治療すれば症状が改善する可能性があるか、聞いてみましょう。もし、まだ症状が改善する可能性があれば、症状固定ではありませんから、その旨保険会社に伝え、治療費を出してもらうことが考えられます。

 それでも保険会社が治療費を出してくれない場合は、いったんご自身で治療費を支出して、後に賠償請求することになります。

 症状固定の場合、原則としてその後の治療費は相手方に請求することはできませんが、一定の場合は相手方に請求することができます。医師と相談して、必要な治療・リハビリテーションであれば、相手方に請求できる可能性がありますので、いったんは自分で負担して、相手方にまとめて請求することも検討に値します。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時