沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

交通事故に合った場合、病院以外の治療費も加害者が支払ってくれるの?

Q【交通事故に合った場合、病院以外の治療費も加害者が支払ってくれるの?】

先日,交通事故にあって,現在も通院しています。仕事には復帰したのですが,身体の痛みがあるので、整骨院に通っています。整骨院の料金は加害者が負担してくれるのでしょうか。病院での治療以外の治療を受けても良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

交通事故にあって,痛みやしびれなどで具合が悪い場合,整骨院、接骨院、鍼灸といった,病院以外の治療施設に通う場合があります。
こうした施術にかかった費用を,交通事故による損害として加害者側に請求できるかですが,病院での治療費とちがい,必ずしも損害と認められるわけではありません。交通事故による損害として認められる治療費は,治療のために必要かつ相当なものに限られるところ,接骨院などでの施術は,医学的な必要性が必ずしもはきりしないからです。

このため,施術にかかった費用を損害として加害者側に負担してもらうには,そうした施術を受けるにあたって,医師の指示があったかどうかが重要になります。ただし,施術の必要性があり,期間や料金も相当と判断されれば,医師の指示がない場合でも損害として認められる場合はあります。なお、整骨院などに通い続けながら病院での治療を中断してしまうと、後遺症認定の申請をした際に不利益に扱われるおそれがありますので、病院での治療は継続して下さい。
病院以外での治療施設に通っても問題ないか、実際にかかった施術費用を加害者側に請求できるか、既に治療施設に通ったが何か問題があるか等について、ご不明な場合は、弁護士にご相談ください。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時