沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

交通事故の加害者が自賠責保険にすら入っていない場合は?

Q【交通事故の加害者が自賠責保険にすら入っていない場合は?】

先日,交通事故に遭ったのですが,加害者が自賠責保険にも加入していないので,困っています。どうしたら良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

相談者の場合は、政府保障事業による支払いの対象になります(仮に加害者が車両の窃盗犯であったことから、自賠責保険が適用されない場合等にも、政府保障事業による支払いの対象になります。)。

損害の対象が人身事故のみであることや、支払いの限度額は、自賠責保険等と同じです。しかし、他の社会保険等による給付を受けた場合、支払い控除の対象となるなどの点で、自賠責保険と異なる点がありますのでご注意ください。なお、複数車両による事故の場合、1台でも自賠責保険等に加入している場合は、政府保障事業による支払いは受けられません。

政府保障事業への支払請求は、保障事業を委託されている保険会社や共済組合等の窓口に備え付けられている「自動車損害賠償事業への損害てん補請求書」に必要事項を記載し、必要書類を添付して、その保険会社や共済組合等に提出してすることになります。

保障金請求権の消滅時効は、傷害に関する損害は事故日から、後遺障害に関する損害は症状固定時から、死亡事故の場合は死亡日から起算して3年となります。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時