沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

過失割合で言い分が食い違うのですが・・・

Q【過失割合で言い分が食い違うのですが・・・】

先日、交通事故に遭いました。私には怪我はなかったのですが、乗っていた車が壊れてしまいました。車の修理費用について、加害者の保険会社と話をしていたら、交通事故のときの態様について、加害者の言い分と私の言い分が違うようで、私の方が悪いと言われました。私は、加害者の言い分が間違っていると言っているのですが、聞き入れてくれません。どうしたら良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

交通事故の事故態様について、被害者と加害者の言い分がくい違う場合があります。人身事故の場合には、警察が比較的詳細な実況見分調書を作成しますが、物損事故の場合には、簡易な図面しか作成されない場合が多く、事故態様を判断するのが困難な場合が多々あります。

話し合いで解決がつかなければ、最終的には、裁判によって決着をつけるしかありませんが、裁判をするとなると、自分だけで対応するのは難しいため、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

弁護士に依頼する場合には、弁護士費用がかかりますが、最近は、自動車保険に、弁護士費用を保険会社が負担する「弁護士費用特約」が付いている場合もありますので、保険会社に問い合わせる等して、ご自分の自動車保険の内容を確認されることをお勧めします。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時