沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

加害者になっちゃったけど任意保険に入っていなくて・・・

Q【加害者になっちゃったけど任意保険に入っていなくて・・・】

先日、車を運転していたら、他の車にぶつけてしまい、相手に怪我を負わせてしまいました。任意保険に加入していなかったので、相手とのやりとりを私がしているのですが、金額の折り合いがつかず、頻繁に電話が来て、困っています。どうしたら良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

当然のことではありますが、相手に怪我を負わせたことについてあなたに落ち度があるのであれば、事故によって生じた治療費や慰謝料などを支払うという形で責任を取らなければなりません(なお、あなたが被害者に治療費等を支払った場合、その支払った分の全部または一部を自賠責保険会社に請求(加害者請求)できる場合があります。)。

しかしながら、事故の発生について、相手にも落ち度がある場合もあるでしょうし(過失割合の問題)、相手が請求してきた金額に納得いかない場合などもあるでしょう。

そのような場合に当事者同士で話をしても妥協点を見つけることは簡単ではありませんし、場合によっては感情的な対立が生まれてしまうことも少なくありません。相手から頻繁に電話が来ると、その対応に時間が取られてしまうことはもちろん、精神的なストレスも大きくなってしまうでしょう。

そこで、まずは弁護士に相談していただくことをお勧めします。

交通事故に関する法的なアドバイスが受けられることはもちろん、事案に応じた解決に向けた各種手続きの案内なども行います。

弁護士を代理人にして交渉を任せる方法だけでなく、日弁連交通事故センターの示談あっせんや沖縄弁護士会のADR、裁判所の調停・訴訟など紛争解決の手続きはひとつではありません。

あなたの希望に応じた解決方法を見つけていただくためには、事案に応じてどのような選択肢があり得るのかを知っていただくことがとても重要です。また、弁護士に相談することによって、請求金額などの内容面についても新たに発見することもあるかもしれません。

なお、今回の事故で刑事責任が問題となった場合、被害者とのやりとりがうまくいって示談が成立すれば、あなたに有利な情状として考慮されることになりますので、その意味でも紛争解決を目指すことは重要だといえます。

まずは弁護士に相談してみてください。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時