沖縄の交通事故に関する相談と弁護士のアドバイスを集めたサイト

交通事故の後遺症等級認定に納得できなかったら?

Q【交通事故の後遺症等級認定に納得できなかったら?】

半年ほど前に交通事故に遭い,病院に通って治療をしていました。身体の痛みは残っているのですが,これ以上良くならないと言われ,先日,後遺症があるのかを判断するために診断書を提出しました。ところが,後遺症にはあたらないと言われました。どうしたら良いのでしょうか。

 

A:弁護士からの回答

後遺障害等級認定の結果に対して不服がある場合は,異議申し立てをすることが出来ます。この場合は,不足していた資料を補って行うのが重要です。ご質問は,後遺症に非該当の場合でありますが,仮に14級以上の等級を認定されたとしても,等級に納得いかないという場合にも異議申し立てをすることが可能です。

この異議申し立てにより後遺症認定が変更されることもありますので,不服がある場合は異議申立行うことをお勧め致します。この異議申し立てから弁護士に依頼することも1つの方法でしょう。

異議申し立てによっても後遺症認定が変更されなかった場合には,訴訟を提起し,後遺症の等級を争うことになります。

 

カテゴリー

サイト内検索


 

相談予約・お問い合わせ

交通事故の損害金は、慰謝料や逸失利益といった項目ごとに、 これまでの裁判例などに照らして、それが妥当な金額かどうかを 検討することが必要です。
(公財)日弁連交通事故相談センター沖縄県支部は、 交通事故についての無料法律相談や、被害者と保険会社との間に 専門の弁護士が入って示談のあっせんを行う 示談あっせん(無料)を行っています。

 

相談センターへのアクセス

沖縄弁護士会相談センター(那覇市松尾2-2-26-6)
098-865-3737(予約制)

毎週水・金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時

沖縄弁護士会相談センター沖縄支部(沖縄市知花6-6-5-102号)
098-865-3737(予約制)

第2・第4金曜日:午前9時30分〜正午/午後1時30分〜午後4時